Q.
票 ( %)
  • 「1分間勉強法ホームスタディ講座」で効果あった!(実感)
  • 「1分間勉強法ホームスタディ講座」で効果期待大!(予感)
  • 「1分間勉強法ホームスタディ講座」で効果期待薄!(予感)
  • 「1分間勉強法ホームスタディ講座」効果なかった!(実感)
  • 答えは追加できません

2
コメント

  • タグの書き込みはできません
  • コメントの修正、削除には必ずパスワードが必要ですので必ず保管してください。
この勉強法(?)を例えるなら、一冊の本をページごとにぶつ切りにして覚えるようなものです。本をページごとにばらばらにしてすべての紙を覚えたとしても、本を覚えたことにはなりません。覚えたものをあらためて流れとして結合するほどの時間と手間を惜しまないのであれば、そもそも最初から流れを理解してしまえばよいという理屈になります。

著者の石井さんはこの勉強法を効率的と称しており、確かに1時間でインプット可能な情報量はそれなりに高いものです。しかしその情報の中身は体系だったものになっておらず、ちょっとひねった問題が出てしまえば途端に使えない情報になってしまいます。少なくとも論文試験をこの勉強法で勝ち抜くことは難しいでしょう。これ単体で戦えるテストは、英語の授業前に行われる英単語テストくらいなものだと思います。


1分間勉強法を活用するなら、情報を整理するために利用するのがよいでしょう。額面通り1分間にこだわることなく、スペースドリハーサルなどと組み合わせ、細々とした知識の習熟度分類とメンテナンスに使うのであれば、十分実用に耐えるものだと思います(この発想を1分間勉強法とは関係なく実現しているのが、分散学習システム「Anki」です)。

ただ、それは必ずしも1分間勉強法を購入する人が求めるものではないでしょう(求める時点でその人の学習姿勢に疑問符がつくのですが……)。勉強法の看板に偽りありということで、効果はなかったとさせていただきます。
勉強のため購入 内容が全く理解できません 向いてないのか、修行が足らんのか?2日で習得は無理でした